« Nameless Hands | トップページ | 私と放電 »

2008年6月28日 (土)

ザ・マジックアワー

映画 ザ・マジックアワー を観に行ってきました。

Magic01

  

大々的なプロモーションが行われていただけに、期待と不安が入り混じった気持ちで映画館に足を運んだのですが、なかなか面白かったです。

  

練りに練られた脚本に感心してしまいました。

随所に小ネタが散りばめられ、一時も観客を飽きさせない という配慮が感じられました。

普通では考えられないシチュエーションと先が読めないストーリー展開にグイグイ引っ張られる という印象ですね。

  

そして、売れない俳優役の佐藤浩市の演技もかなりのインパクトがありました。

『やりすぎでは?』と思うくらいのオーバーアクションに笑わされ、これならコメディ俳優としても充分やっていけますね。

彼の演技の懐の深さを改めて思い知らされました。

  

Magic02

ただ、他の三谷作品にもいえることですが、映画としての“重み”というか“雰囲気”というモノがあまり感じられないんです。

舞台の劇を画面で観ているような気がして、今一つグッとこないんですね。

この辺りは単純に好みの問題かもしれませんが…。

  

ということで

自己満足度 : / 10点満点

  

|

« Nameless Hands | トップページ | 私と放電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・マジックアワー:

« Nameless Hands | トップページ | 私と放電 »