« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月30日 (日)

2012年 私的ベスト3

今年1年間を振り返り、私が触れてきた映画・音楽・コンテンポラリーダンスの中での、満足度ベスト3を挙げたいと思います。

 

 

  • 映画
  1. 別離
  2. サラの鍵
  3. ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

 

  • 音楽
  1. 変身】 : チャットモンチー
  2. Force】 : Superfly
  3. Blunderbuss】 : Jack White

 

  • コンテンポラリーダンス
  1. ホントの時間】 : 珍しいキノコ舞踊団
  2. Nameless Voice ~水の庭、砂の家】 : Noism1
  3. ボンビックス モリ with ラッシュ】 : インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニー

 

 

来年も、なるべく多くのハイクオリティな作品に触れてみたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

アノニマス・ライフ

ICC(NTT インターコミュニケーション・センター) へ企画展 【アノニマス・ライフ 名を明かさない生命 】 を観に行ってきました。

Icc10

多様化する「生」のあり方をテーマに、平面・映像・立体作品が展示されていました。

 

1番インパクトがあった作品は、【米朝アンドロイド】。

Icc11

容姿・動き共に、とにかくリアル。

ロボットもついにここまできたか という印象です。

じっと見入ってしまいました。

 

無料で作品を鑑賞できるオープン・スペースも、今回も様々な体験型アートがあって面白かったですね。

Icc12


ここ数年初台を訪れた際は、いつもICCに立ち寄っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

明るい部屋

新国立劇場へ 高谷史郎 のダンス公演 【明るい部屋 】 を観に行ってきました。

Bpro01


会場の中央に舞台があり、その左右に観客席が設けられていました。

Bpro03_2
 

舞台中央には肘掛けソファとスタンドライトが2つづつ。

天井には大型の液晶スクリーンが3つ。

開演すると、シックな装いの2人の女性が通路から現れソファに着席。

身動きせず何十秒か過ぎた後、ゆっくりと同時に同じ動きをはじめ…。

 

ダンスパフォーマンスというよりインスタレーションアートの色合いが濃かったですね。

柔らかく点滅するスタンドライト。

床の上をゆっくりと勝手に移動していく机と椅子。

様々な映像が投影される天井の液晶スクリーン。

電子音中心のBGM。

場面転換の際、黒い服装の多くの男性スタッフが現れ、機材を移動・設置する様子をそのまま見せるというのが斬新でした。

 

ダンスらしい動きが見られたのは公演中盤の一場面だけで、女性ダンサーの独舞。

無数に並べられた点滅するスタンドライトの合間を縫いながら、緩やかに踊る様が印象的でした。

 

Bpro02_2

ともかく観ていて、不思議な心地良さを感じましたね。

現代アート好きの脳を刺激される舞台でした。

今でも様々な場面が脳裏に焼き付いています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

小国神社へ②

小国神社へ行ってきました。

紅葉の名所で、5年ぶりの再訪です。

Oguni11

 

Oguni12_2


Oguni13


Oguni14

曇っていて肌寒い日でしたが、多くの観光客で賑わっていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

ボンビックス モリ with ラッシュ

世田谷パブリックシアターへ インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニー のダンス公演 【ボンビックス モリ with ラッシュ】 を観に行ってきました。

Miri01


このカンパニーの存在は、7年位前にNHK教育の番組で放映された【オイスター】という作品を観て知りました。

Mori04_2

その舞台が強く印象に残っていたので、今回チケットを入手しました。

 

開演で会場が暗転すると、幕の降りている舞台脇より くたびれたコート姿の壮年の男性が登場。

観客席に向かって英語で語りかけ、途中からスーツケースを持った男性も加わって、いわゆる前説が行われました。

 

今回、2つの作品が上演されました。

 

  • 【ラッシュ】

舞台中央を中心に、円形に並べられた12脚の木製の椅子。

その中央に、天井から吊るされた裸電球。

複数の男女のダンサー。

ウッドベース基調のBGMが流れる中、リズミカルでコミカルな動きが展開されました。

ダンサーは極度に猫背の姿勢をとったり、まるで昔の外国のアニメに出てくるデフォルメされたキャラクターのよう。

かつダンスの技量も素晴らしい。

Mori02

椅子をテンポ良く移動し組み合わせたり、アニメーション映像が投影されたり、様々な演出で目を楽しませてもらいました。

終わり方も、素敵な余韻を残してくれました。

 

  • 【ボンビックス モリ】

舞台背面に、幾つかの不規則な大きさの四角い穴がある黒い壁。

白っぽい全身タイツのような衣装を纏った複数のダンサー。

そして、“箱”を纏って四つん這いに移動するダンサーも。

時折細い紐を操り、タイトルのように蚕を連想させます。

しなやかで、静謐さが漂う動き。

Mori03

ダークファンタジーチックな雰囲気と加飾を削ぎ落とした詫び寂び的な雰囲気が相まっていて、心に沁みこんでくるような舞台でした。

 

カーテンコールで思いましたが、外国人ダンサーの方々は顔が小さくてスタイルが良いですね…。

次回の公演も、スケジュールが合えば是非観に行きたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »