« 2012年 私的ベスト3 | トップページ | レ・ミゼラブル »

2013年1月 6日 (日)

果てぬ村のミナ

映画 果てぬ村のミナ を観に行ってきました。

Mina01

静岡の山間の村を舞台に、越してきた少女と彼女に関わる人々を描いたヒューマンファンタジーです。

 

静岡県の西部山間地域でロケが行われたとのことで、見覚えのある風景がちらほら出てきました。

不思議な魅力を持った少女の出現により、マンネリな生活を送っていた少年の心に変化が生じ始める…。

地域振興映画の色合いが濃いですが、シリアスかつビターな場面もあり、意外とメリハリの利いたストーリーでした。

 

主人公を演じた女優は菊川怜似の正統派美人。

彼女に惹かれる少年の父親役の、小市慢太郎の熱演が異彩を放ちます。

 

終わり方も良かったと思います。

 

Mina02

ただ、せっかくの自然豊かな風景を、映像が生かしきれていなかったですね。

コントラストの利き過ぎたパリッとした映像で、情緒感に乏しいというか。

同じ茶畑の風景でも、河瀬直美監督作【殯の森】の映像の方が数段美しいです。

 

そして、演出や登場人物の設定・セリフなどにも、細かいアラが気になりました。

こういう地味な作品こそ監督の力量・センスが如実に表れますね。

 

ということで

自己満足度 : /10点満点

 

|

« 2012年 私的ベスト3 | トップページ | レ・ミゼラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果てぬ村のミナ:

« 2012年 私的ベスト3 | トップページ | レ・ミゼラブル »