« レ・ミゼラブル | トップページ | ゼロ・ダーク・サーティ »

2013年2月10日 (日)

渾身 KON-SHIN

映画 渾身 KON-SHIN を観に行ってきました。

Konshin01

隠岐諸島を舞台に、古典相撲を通して家族や人々の絆を描いたヒューマンストーリーです。

 

隠岐諸島の自然風景が美しかったですね。

豊かな海に囲まれた土地と、そこで暮らす人々の営みの様子に、心が和みました。

 

辛い過去を背負いながらも、生まれ育った島を愛し、古典相撲に情熱を注ぐ青年。

そんな青年とその娘を慕い、迷いながらも優しく支え続ける主人公。

素朴なイケメンと古風な美女のカップル、更に実力派俳優陣が脇を固めていて、役者同志の絡み合いに惹き込まれました。

 

相撲の場面も、勝負本番の緊張感とお祭り的な雰囲気がリアルに描かれていて、良かったと思います。

特に、観客が酔っ払って塩を振り撒く場面は、なかなかのはっちゃけぶりでした。

 

Konshin02

ただ、演出がオーソドックス過ぎて、目新しさに欠ける感は否めません。

そして、最後の何となくぬるい予定調和も、もったいない気がしました。

 

ということで

自己満足度 : /10点満点

 

|

« レ・ミゼラブル | トップページ | ゼロ・ダーク・サーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渾身 KON-SHIN:

« レ・ミゼラブル | トップページ | ゼロ・ダーク・サーティ »