« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月24日 (日)

ゼロ・ダーク・サーティ

映画 ゼロ・ダーク・サーティ を観に行ってきました。

Zero01

アメリカ同時多発テロの首謀者 ビンラディンを見つけ出すべく捜索活動を行うCIAの女性分析官を描いたサスペンスです。

 

徹底してリアルに拘っていましたね。

ドキュメンタリータッチの乾いた映像。

緊張感を煽るBGM。

全編を通して重くピリピリした空気が漂っていました。

 

CIAによる拷問によって関係者より搾り出される証言。

思うように進まない捜査に募る焦燥。

アルカイダとの熾烈な駆け引き。

捜査を続けていく過程で如実に変化していく主人公。

アクション映画のような派手な演出はありませんが、様々な暗部が克明に描かれていて戦慄しました。

特にクライマックスの突入の場面は、半端無い息詰まり感。

アメリカ政府が内容に苦言を呈したのも納得ですね。

 

 主人公及び登場人物を演じた俳優陣も、派手さは皆無でリアル志向な人選だったと思います。

 

Zero02

ただ、情報量がとても多く複雑で、私にはストーリーの過程が完全には理解できませんでした。

重苦しい映画ですので、もう一度観るのもけっこう気力が必要です…。

 

ということで

自己満足度 : /10点満点

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »