« ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | VWゴルフ お別れ »

2013年4月 7日 (日)

愛、アムール

映画 愛、アムール を観に行ってきました。

Amour01

パリを舞台に、病気に侵された妻と彼女を介護する夫を描いたヒューマンドラマです。

 

徹頭徹尾のミニマリズムとでも言いましょうか。

加飾という加飾を全て排した映画でした。

にも関わらず、抑えた色調の画面から漂う微かな芸術的な香り。

BGMも全く無いので、劇中で奏でられるピアノがより鮮烈な余韻を残します。

この演出、ただならぬ力量です。

 

ストーリーは重いです。

陰鬱な介護の日々がありありと描かれていきます。

美男美女も出てきません。

ですが、画面から眼を逸らすことができません。

妻を想う夫の心情がビリビリと伝わってくるからです。

夫妻を演じた2人の老俳優、見事としか言いようがありません。

 

Amour02_2

好き嫌いがはっきり分かれる作品かと思います。

タイトルのように果たしてこれが本当に『愛』なのか、私にもよく分かりません。

ですが、終盤の劇的な展開も含め、これほどインパクトを持った作品にはそうそうお目にかかれないと思います。

 

ということで

自己満足度 : /10点満点

 

|

« ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | VWゴルフ お別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛、アムール:

« ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | VWゴルフ お別れ »