2012年12月30日 (日)

2012年 私的ベスト3

今年1年間を振り返り、私が触れてきた映画・音楽・コンテンポラリーダンスの中での、満足度ベスト3を挙げたいと思います。

 

 

  • 映画
  1. 別離
  2. サラの鍵
  3. ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

 

  • 音楽
  1. 変身】 : チャットモンチー
  2. Force】 : Superfly
  3. Blunderbuss】 : Jack White

 

  • コンテンポラリーダンス
  1. ホントの時間】 : 珍しいキノコ舞踊団
  2. Nameless Voice ~水の庭、砂の家】 : Noism1
  3. ボンビックス モリ with ラッシュ】 : インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニー

 

 

来年も、なるべく多くのハイクオリティな作品に触れてみたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

アノニマス・ライフ

ICC(NTT インターコミュニケーション・センター) へ企画展 【アノニマス・ライフ 名を明かさない生命 】 を観に行ってきました。

Icc10

多様化する「生」のあり方をテーマに、平面・映像・立体作品が展示されていました。

 

1番インパクトがあった作品は、【米朝アンドロイド】。

Icc11

容姿・動き共に、とにかくリアル。

ロボットもついにここまできたか という印象です。

じっと見入ってしまいました。

 

無料で作品を鑑賞できるオープン・スペースも、今回も様々な体験型アートがあって面白かったですね。

Icc12


ここ数年初台を訪れた際は、いつもICCに立ち寄っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

明るい部屋

新国立劇場へ 高谷史郎 のダンス公演 【明るい部屋 】 を観に行ってきました。

Bpro01


会場の中央に舞台があり、その左右に観客席が設けられていました。

Bpro03_2
 

舞台中央には肘掛けソファとスタンドライトが2つづつ。

天井には大型の液晶スクリーンが3つ。

開演すると、シックな装いの2人の女性が通路から現れソファに着席。

身動きせず何十秒か過ぎた後、ゆっくりと同時に同じ動きをはじめ…。

 

ダンスパフォーマンスというよりインスタレーションアートの色合いが濃かったですね。

柔らかく点滅するスタンドライト。

床の上をゆっくりと勝手に移動していく机と椅子。

様々な映像が投影される天井の液晶スクリーン。

電子音中心のBGM。

場面転換の際、黒い服装の多くの男性スタッフが現れ、機材を移動・設置する様子をそのまま見せるというのが斬新でした。

 

ダンスらしい動きが見られたのは公演中盤の一場面だけで、女性ダンサーの独舞。

無数に並べられた点滅するスタンドライトの合間を縫いながら、緩やかに踊る様が印象的でした。

 

Bpro02_2

ともかく観ていて、不思議な心地良さを感じましたね。

現代アート好きの脳を刺激される舞台でした。

今でも様々な場面が脳裏に焼き付いています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

ボンビックス モリ with ラッシュ

世田谷パブリックシアターへ インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニー のダンス公演 【ボンビックス モリ with ラッシュ】 を観に行ってきました。

Miri01


このカンパニーの存在は、7年位前にNHK教育の番組で放映された【オイスター】という作品を観て知りました。

Mori04_2

その舞台が強く印象に残っていたので、今回チケットを入手しました。

 

開演で会場が暗転すると、幕の降りている舞台脇より くたびれたコート姿の壮年の男性が登場。

観客席に向かって英語で語りかけ、途中からスーツケースを持った男性も加わって、いわゆる前説が行われました。

 

今回、2つの作品が上演されました。

 

  • 【ラッシュ】

舞台中央を中心に、円形に並べられた12脚の木製の椅子。

その中央に、天井から吊るされた裸電球。

複数の男女のダンサー。

ウッドベース基調のBGMが流れる中、リズミカルでコミカルな動きが展開されました。

ダンサーは極度に猫背の姿勢をとったり、まるで昔の外国のアニメに出てくるデフォルメされたキャラクターのよう。

かつダンスの技量も素晴らしい。

Mori02

椅子をテンポ良く移動し組み合わせたり、アニメーション映像が投影されたり、様々な演出で目を楽しませてもらいました。

終わり方も、素敵な余韻を残してくれました。

 

  • 【ボンビックス モリ】

舞台背面に、幾つかの不規則な大きさの四角い穴がある黒い壁。

白っぽい全身タイツのような衣装を纏った複数のダンサー。

そして、“箱”を纏って四つん這いに移動するダンサーも。

時折細い紐を操り、タイトルのように蚕を連想させます。

しなやかで、静謐さが漂う動き。

Mori03

ダークファンタジーチックな雰囲気と加飾を削ぎ落とした詫び寂び的な雰囲気が相まっていて、心に沁みこんでくるような舞台でした。

 

カーテンコールで思いましたが、外国人ダンサーの方々は顔が小さくてスタイルが良いですね…。

次回の公演も、スケジュールが合えば是非観に行きたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

To Belong -dialogue-

シアタートラムへ 北村明子 のダンス公演 【To Belong -dialogue-】 を観に行ってきました。

Tobe01

 

壁に沿って幾つかの垂れ幕が吊るされただけのシンプルな舞台。

正面垂れ幕の間より北村さんと男性ダンサーが登場、男性ダンサーがジェスチャーを交えて外国語で喋り、北村さんがそれにアプローチするように動き出しました。

やがて背面の垂れ幕に、外人男性の映像が投影されます。

 

今回の作品は、北村さんがインドネシアのあるアーティストに触発されて制作したものということで、2人のインドネシア人の男性ダンサーを含む計6人のダンサーの演舞が展開されました。

所々でインドネシアの舞踊や武術を意識した動き、インドネシア人アーティストの映像などが表れ、異文化コラボの色合いが濃かったですね。

 

6人が絡み合って踊るシーン、いわゆるダンス的な動きや派手な動きではないのですが、観ていて不思議と心地良くなりました。

シンプルなBGMや独特の動きのリズムがそうさせるのでしょうか。

 

Tobe02

小道具は一切用いず、映像と音楽と照明も虚飾を削いだものでしたが、センスの良さが感じられ好感が持てました。

最後のシーンも静謐で美しかったですね。

緑色で水墨画を描いたような… そんなミニマルな舞台でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

フィンランドのくらしとデザイン

静岡市美術館へ企画展 【フィンランドのくらしとデザイン ― ムーミンが住む森の生活】 を観に行ってきました。

Moom01

フィンランドを代表する物語【ムーミン】を軸に、絵画・文学・建築・工芸や有名デザイナー・ブランドのプロダクトを紹介する展覧会です。

 

Moom02

トーヴェ・ヤンソンによるムーミンの挿絵は、独特の温かな味わいがあって良かったですね。

 

Moom03

モダン・デザインのミニマルな食器類や椅子なども、色が綺麗で目を楽しませてくれました。

ただ私は、日本の和のデザインの方が好きですね。

 

ミュージアムショップでは、普段よりも売り場を増設し、ムーミングッズやイッタラの商品が販売されていて、盛況でした。

昼前に訪れたのですが、市美のショップに これほど人が溢れているのを初めて見ました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

カルペ・ディエム 花として今日を生きる

豊田市美術館へ企画展 【カルペ・ディエム 花として今日を生きる】 を観に行ってきました。

Carpe01_2

花を人生の儚さに例え、今日生きていることの意味を問いかける… そのような趣旨の展覧会です。 

様々な現代作家による花をモチーフにした平面・立体・映像作品が展示されていました。

 

私が特に印象に残ったのは、宮島達男の【Archives of Death Clock】。

Carpe02

B5サイズ程の黒縁額の中に、ぼやけたモノクロの顔写真と、その上に印字されたデジタル数字。

数字は人生の残り時間。

それら不特定多数の顔写真が壁一面に等間隔で掛かっていて、どこか無機質な静謐さと人の息吹の暖かさが同居したような空間に、しばらく息を呑み佇んでしまいました。

 

けっこう多数の作品があり、見応えのある展覧会でした。

 

Carpe03

豊田市美術館には今回初めて足を運びましたが、なかなか素敵で心地良いところでした。

周りは緑に囲まれ、建物のデザインはお洒落で、展示室は柔らかく陽光が取り入れられ、エントランスには現代アートを思わせる鏡張りの壁や人工池が設置されています。

加えてホームページのセンスも良い。

次回訪れる際は、一眼デジカメを持っていこうと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

マウリッツハイス美術館展

東京都美術館へ 【マウリッツハイス美術館展 】 を観に行ってきました。

Mh01

オランダのマウリッツハイス美術館が所有する絵画の企画展です。

 

おそらく、ここを訪れたほとんどの方の目的がそうであるように、ただ1枚の名画を観る為に、この機会を逃したら二度と実物を観ることはできないかもしれない という思いを胸に、私もはるばる上野まで足を運びました。

Mh02_2

フェルメールの【真珠の耳飾りの少女】です。

 

美しい… ただただ美しい。

コントラストが利いた柔らかく鮮やかな色・シンプルな構図・物憂げな表情・醸し出される神秘的なオーラ、全ての要素が完璧な調和を保っています。

長年観たいと思ってきた作品を実際目の当りにすることができ、とても感慨深いものがありました。

吸い込まれるように じっと見入ってしまいました。

 

Mh03

お盆休みの期間中ということもあってか会場は尋常ではない混雑ぶりでしたが、長蛇の列に並んでも十二分に観る価値がある作品だったと思います。

 

もちろん他にもレンブラントの作品など多数の絵画が展示されていましたが、【真珠の耳飾りの少女】を観てしまった後では、ほとんど身が入りませんでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

アール・ブリュット展

浜松市美術館へ 【アール・ブリュット展 -生(き)の芸術-】 を観に行ってきました。

R01

正式な美術教育を受けてない作家達が制作した平面・立体作品が展示されていました。

 

アウトサイダー・アートとも呼ばれるのでしょうか。

作家自身の信念と感性の赴くままに象られた表現には、目を見張るものがありました。

R02


R03

 

ただ、残念ながら心に響いてくるほどの作品はありませんでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

奈良美智:君や僕にちょっと似ている

横浜美術館へ企画展 【奈良美智:君や僕にちょっと似ている】 を観に行ってきました。

Nara02

Nara01_2

多くの平面作品・立体作品が展示されていました。

 

正直、わざわざ横浜まで足を運ぶのもどうかと迷いましたが、行って良かったです。

雑誌の写真やネットの画像では感じ取ることのできない、実物作品が放つ独特の趣がありました。

 

中でも、大きなキャンバスにアクリル絵具で描かれた作品群に心惹かれました。

Nara03

色がとても綺麗で、瑞々しさと一定の緊張感が同居し、観る人によって様々な感情を呼び起こしそうな、不思議な魅力がありますね。

 

会場には幅広い世代の多くの方が鑑賞に訪れていて、あらためて奈良美智作品の人気の高さが感じられました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧